やるき茶屋

やるき茶屋

やるき茶屋のイメージバナー

やるき茶屋の作りたて工房のバイトのおススメ度:

【一言体験記】
やる気があるのは店名だけ(笑)店はgdgdだし客の苦情多いしやる気出る気がしない職場でした。人使い荒いわ、ほかの客の文句ばっか言ってるわマジでひどい。マシな店舗もあるかもしれないけど大体変わらないっぽいので真面目に居酒屋で働きたい人は他行ったほうがいい

【仕事内容】
調理するキッチンと接客のホールで構成されてますが、状況によってはキッチンの自分もオーダーとりにいったり、人手によってはホールでも調理補助するので厳密にしっかり分かれてるわけではない。中途半端にマルチにできる人がなにげに重宝される。

勤務時の人数
調理場1人~5人、ホール2~6人+1~2人の増減が時期によってあり。

シフトの自由度
2週間ごとシフト提出で「フリーシフト制」と銘打ってます。
まあフリーシフトでした。急に呼び出されたり...ね。

「ハイ!よろこんで」
「ハイ!よろこんで」の元気のよい掛け声は、「やるき茶屋」から生まれました。 
これが売りですが、この挨拶を最初にしたのは庄やじゃなかったっけ?
同じグループだからいいのかな^^;うちの店に限ってかもしれないけど、その掛け声がでたの数える程だったな。

品切れでも平然と...
メニューが品切れになってることが多い。これはもともとの在庫量が少ないのに加え、店員が在庫を確認してないから。オーダーきてから品切れに気づいて、お客に謝る。謝るのは絶対バイトね。店員は他の仕事で逃げる。こんなんばっか。

居酒屋の仕事をしにきたのか、謝りにきたのかよくわからんかった。

基本データ
時給 800円~1100円
シフト 11:30〜14:00/17:00〜23:00
最低拘束時間 3時間から
人間関係 店長ウザすぎ仕事しなさすぎの給料ドロボー
男女比 男女比率は半々ってとこ
肉体的負担 キツい。人数いても店長は仕事しないから頭数にならんし。
精神的負担 耐えられたら転職してないっす...

よく読まれている記事