天狗

天狗

天狗のイメージバナー

天狗のバイトのおススメ度:

【一言体験記】
天狗は大学から近かったということもあって、講義を終わって20時~ラストまでバイトすることが多かった。大学1年の終わりから半年くらいやったけど、チェーンの居酒屋は相変わらず客層が悪いね。学生が多い場所だと予定時間過ぎても帰らないグループもいるしね。

【仕事内容】
キッチンとホールに分かれてて、俺はどちらもやったけど基本ホール担当だった。調理したり、洗い場したりお酒つくったりと普通の居酒屋での仕事内容。

ホールも同じように接客とレジ、空いた皿の片付けを行う。

勤務時の人数
ホール6人、キッチン8~10人くらい。
2階と3階にフロアがあったから結構人数多かったな。

シフトの自由度
シフトは月1単位の固定みたいな感じ。
シフトを入れる段階で、自分で結構融通するようにしないと大変かもしれない。

給料が週払い!
天狗でバイトしてて驚いたのが、バイト代が週払いで支払われること。普通は毎月決まった日に振り込まれるわけだけど、天狗は週単位で振り込まれるから常時お金がある状態で学生だった俺としてはかなり良いシステムだと思ったね。

バイトの研修がしっかりしてない
あんまり新人でも仕事を教えてくれなくて、ドリンクとか80種類以上あるのにわからないまま注文取ったり、作ったりで大変だった。

新人研修がないのに、手順ミスったりするとかなり怒鳴られたりと、理不尽さは居酒屋ならではだったね(笑)

終電に間に合わないことも
これはバイトしてた店のみの特徴だと思うけど、さっきいったように大学が近かったせいで客層の大半が学生だった。ただでさえ居酒屋は客層が悪いのに、アホな飲み方して潰れたり吐いたりとかなりホールは大変だった。

そしてラストまでいると、終電ギリギリで帰れるかどうかなのに中々客が帰らないで酔いつぶれてたりと、バイトあがる時間が遅れてネットカフェで泊まるってことも多々あった。

基本データ
時給 1200円前後
シフト 16時~0時前後(月1のシフト制)
最低拘束時間 4時間
人間関係 やや辛い(社員が厄介)
男女比 男多め
肉体的負担 やや辛い
精神的負担 やや辛い

よく読まれている記事