ミスタードーナツ

ミスタードーナツ

ミスタードーナツのイメージバナー

ミスタードーナッツのバイトのおススメ度:

【一言体験記】
ミスタードーナツはお昼の時間帯や、ドーナツの100円セール時がかなり忙しくて大変。接客と補充等を同時にしないといけないし、とにかく時間中ずっと動き回ってる感じ。ただ、ピーク時を過ぎたりするとほとんど人がこなかったりと、忙しさの落差が激しいバイトでもある。夕方以降は基本的に暇な時間帯。

【仕事内容】
バイトの仕事はキッチンとセールスに分かれてて、セールスはドーナツやドリンクを販売する接客がメイン。値段や商品名を覚えたり、客と対峙することになるので正しい言葉遣いや、礼儀作法もしっかりと覚えさせられる。

キッチンはベーカーとフィニッシャーにわかれてて、ドーナツ等をつくって揚げるところや、揚がったドーナツを商品として仕上げていく作業をする。忙しいとキッチンは休憩とれない場合もあるので注意。

勤務時の人数
ピーク時以外はかなり楽で、バイトいらないんじゃないか?ってレベルになる。

半額セールや100円祭りが始まるとシフトメンバーを多少増やしたりする。

シフトの自由度
半月からの自己申告制で基本的にはバイトの自由にいれられる。

ただし、人手が足りない時期はシフトマネージャーや店長から入ってくれといわれることはあるし、それはテスト前でも変わらない。

お昼前後が1番ピーク
ミスタードーナツは、夕方以降はあまり客が来ないで昼帯に混在することが多い。駅近くの場所でかなり人通りもある場所だったから、お客にドーナツやドリンク提供しつつ、ラーメンの解凍やスープ作り、肉まんを蒸す・・・といったお昼の3時くらいまでは何かと忙しいのが続きます。

100円、半額セール時はヤバイ!
客が買うドーナツの量が2個~4個から、持ち帰りなどで10個~20個ってレベルになるので、テイクアウトが一般のセールス時の3倍以上にもなることがある。

もちろんイートインの客もいるので、接客も忙しくなりつつ、いつも以上に補充をこまめにする必要があるのでかなり肉体的にきついかも。

基本データ
時給 700円~1800円(給料UP制度有)
シフト 半月ごとの自己申告制
最低拘束時間 2時間~3時間
人間関係 普通
男女比 多少女多め
肉体的負担 普通(100円セール時は辛い)
精神的負担 普通

よく読まれている記事