フレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガー

フレッシュネスバーガーのイメージバナー

フレッシュネスバーガーのバイトのおススメ度:

【一言体験記】
フレッシュネスバーガーは注文を受けてからバーガーを作り始めるので、作り置き等をしなくていい反面、お客から遅いとクレームがくることがある。それに今はだいたいフランチャイズ店が多いから、マニュアルがないというかその店舗次第で変わってくるというのが事実。後、バーガーつくる際に火傷すること多い。

【仕事内容】
レジ打ちや接客、ドリンクの作り方やバーガー類の調理、その他店舗内の清掃やデリバリーがあるところは配達も行う。

ドリンクやバーガー、デザート類の種類が多くて、最初のうちは覚えるのが大変かもしれない。

勤務時の人数
オープンは1人~2人、昼~夜は4~7人前後、クローズは2人~3人

シフトの自由度
1日3時間、週1~でもOKなところもある。シフト制なので自由度はかなり高い。

火傷関連
注文を受けてからつくるということで、お客には比較的熱々の商品が渡せていいけど、作る側は結構熱い場面が多い。まずバーガーのパンが熱いのと、看板メニューでもある「フレッシュネスバーガー」のミートソースがこぼれた時はかなりやばかった。

後、これはある程度長期で入ってるベテランバイトしかやらないと思うけど、フライヤーの油交換のときは慎重に。ただ、そこまでバイトしてる人だったら、もう火傷は慣れっこだと思うけどね。

注文受けてから作る
フレッシュネスバーガーでは、お客の注文を受けてから商品を作り始めるので、商品提供までに大体5分以上の時間はかかる、バイトしてる側からすれば自分のペースを保ちつつ商品を作れるからいいけど、ピーク時なんかは結構あたふたすることもある。

それとそのシステムをしらない客から「遅い!」とクレームがきたりと、レジ、厨房ともに面倒くさい時は必ずある。

ついでにいうならゴミだしとゴミの取替えがかなり面倒だった。

基本データ
時給 750円~950円
シフト 7時前後~24時前後(シフトは自己申告制)
最低拘束時間 3時間
人間関係 普通
男女比 同じくらい(デリバリーある所は男多い)
肉体的負担 普通
精神的負担 普通

よく読まれている記事